河村たかし金メダルの交換費用がヤバい?年収や家族構成についても

スポンサーリンク

こんにちは、misakiです。

今、世間を騒がしている金メダルかじり虫こと河村たかし市長!


この河村たかし市長が噛んだソフトボール日本代表:後藤希友投手の金メダルが新しいものと交換されることが決まったそうです!!

本当に良かったですね・・・

その金メダルの費用は河村たかし市長に請求される方向とのことですが、「金メダルの費用気になる」「いくらするんだろう」といったツイートがされていました。

確かに気になる・・・。

 

そこで今回は「河村たかし金メダルの費用がヤバい!年収や家族構成についても」と題しまして、河村たかし市長が噛んだ金メダルの金額と年収や家族について調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

河村たかし金メダルの費用がヤバい!

河村たかし市長が噛んだ金メダルが交換されることを受け、金メダルの費用が気になります。

Twitter上でも金メダルの費用についてツイートされていましたよ!

調べた結果金メダルの費用は、約9万7500円程のようでした。

日本の金メダルの獲得数は13個。ただし、そのうち団体競技のソフトボールは登録選手数が15名ですから、これだけで大量15枚をゲット。また、卓球のミックスダブルスも2枚になるので、金メダルの枚数で言えば「28枚」となります。

つまりは6g×28枚=168gの金を獲得したことになります。金の小売価格1g/7086円(同年7月29日現在)で換算すると、119万448円。パラ五輪もありますので、今後「何枚」のメダルを獲得するかはわかりませんが、仮に100枚とすれば、これまでの日本選手、コーチやスタッフ、関係団体等の努力の報酬を金で推し量ると、少なくとも2021年の金価格では400万円以上にはなるはずです。

参考までに、今回の金メダルを金属としての価格で見ると9万7500円ほど。銀メダルは約5万5000円。銅メダルは、当然ほぼ銅(95%、残り亜鉛)でできていますが、価格は100g/106円と大変リーズナブルなので、計算すると430円ほどということになります。

引用元:マイナビニュース

河村たかし市長の金メダルかじりが話題になってから、「交換してあげてほしい」といった声も多くあったようですので、今回交換できるようになって本当に良かったですね。

もう、人の物を勝手にかじらないで頂きたいです・・・

河村たかしの年収は?

今回、金メダルの交換費用を河村市長が支払うことになったことを受け、河村たかし市長の年収が気になります。

河村たかし市長の年収はいくらなのか調査しました!

河村たかし市長の年収は601万円(2020年度)

全国の政令市長も平均給料は1765万円なので、河村たかし市長は政令市長の中で最下位ということになるようです。

河村たかしの家族構成

家族構成について調査していきます!

河村たかし市長には奥さんと息子さんがいらしゃるようです。

息子さんは、現在河村商事株式会社の代表取締役社長ということで、河村たかし市長のお父様が立ち上げた会社を継がれているようです。

河村商事株式会社のHPを見ると息子さんと思われる社長の画像がありました。

たぶん、画像の方が息子さんと思われます。

<まとめ>

妻:河村名帆子さん

息子:河村 篤前

 

まとめ

今回は「河村たかし金メダルの費用がヤバい!年収や家族構成についても」と題しまして、河村たかし市長が噛んだ金メダルの金額と年収や家族について調査していきましたがいかがでしたか?

河村たかし市長が噛んだソフトボール日本代表:後藤希友投手の金メダルが新しいものと交換されることが決まって本当に良かったですね。

もう人の物を噛まないようにして頂きたいですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

オリンピックのカタカナ国名Tシャツの購入方法や各国のウェア画像も

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です