床亜矢可の弟は元アイスホッケー選手で顔画像も!父か母が病気なの?

スポンサーリンク

こんにちは、misakiです

 

北京オリンピック日本代表のアイスホッケー女子(スマイルジャパン)!

メンバーの床亜矢可さんが姉妹で出場されていることで話題です。

床さんには弟さんもいらっしゃって元アイスホッケー選手?と言われています。

また父か母が病気なの?ということで、色々気になります!!

そこで今回は「床亜矢可の弟は元アイスホッケー選手で顔画像も!父か母が病気なの?」と題しまして、北京オリンピック日本代表のアイスホッケー選手:床亜矢可さんについて調べていきます!

スポンサーリンク

床亜矢可の弟は元アイスホッケー選手で顔画像も!

床亜矢可さんの弟が元アイスホッケー選手?ということですが、弟さんはアイスホッケー選手として活躍中だそうです!

ANAの壮行会に参加したアイスホッケー女子代表の床姉妹と家族。(左から)母・栄子さん、姉・亜矢可、妹・秦留可、弟・勇大可さん                           

画像引用元:スポニチ

一番右側が、弟の勇大可(ゆたか)さん(画像は左から母親:栄子さん、床亜矢可さん、妹:秦留可さん)

弟の勇大可さんは、床亜矢可、秦留可さん姉妹が通われていた法政大学に通われているそう。

そこで法制大学スケート部のアイスホッケー部門の選手として活躍されていますが、2021年11月から男子U20日本代表チームの選手でもあるそうです!


U-20でのポジションはDF(ディフェンダー)

身長:181㎝、体重:81㎏ 、生年月日:2003年3月15日だそうです。(引用元:日本アイスホッケー連盟

お姉さんの亜矢可さんと同じポジションなんですね!

 

妹さんもアイスホッケーの選手で、床亜矢可さんと同じ北京オリンピック日本代表の選手!床秦留可さん!!ちなみに、はるかさんのポジションはFWです

 

この投稿をInstagramで見る

 

床 亜矢可(@tokoayaka)がシェアした投稿

ご姉弟でアイスホッケーの選手!すごいですよね!!

 

また、家族に元アイスホッケー選手がいらっしゃることが分かりましたよ!

それは床選手の父親!!

父親元アイスホッケー選手で、元日本代表DFの床泰則さんという方です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

床 亜矢可(@tokoayaka)がシェアした投稿


また母親もテニスのインストラクターだそうで、床さんはスポーツ一家に生まれたんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

床 亜矢可(@tokoayaka)がシェアした投稿

すごい家族ですね!アイスホッケーのサラブレッド!!

幼少期から高校卒業まで「氷都」と呼ばれるほどアイスホッケーが盛んな街・北海道釧路市で過ごしたそうで、必然にアイスホッケーに出会ったといえますね!

姉妹でオリンピック出場を果たすって本当にすごいですよね!

床亜矢可さんは「アイスホッケーがなくなったら、私たちには何も残らないでしょうね」と語られていたほど、姉妹でアイスホッケーに打ち込まれてこられたことが分かります。

また過酷なトレーニングも「両親を笑顔に」という思いを胸に姉妹はトレーニングに打ち込んでこられたそうですよ!

Instagramには家族の写真が沢山あり、仲良し家族ということが伝わってきました

 

この投稿をInstagramで見る

 

床 亜矢可(@tokoayaka)がシェアした投稿


床亜矢可さんの弟は元アイスホッケー選手?ということでしたが、元アイスホッケー選手は父親で、弟さん(勇大可さん)は現役のアイスホッケー選手でU-20日本代表の選手ということでした。

今後、弟さんもアイスホッケーでオリンピック出場されるかもしれませんね!

床亜矢可の父か母が病気なの?

床亜矢可さんの父か母が病気なの?ということですが、床亜矢可さんのご両親は病気ではないようです。

床亜矢可さんを検索すると「病気」と出てきます

ご両親ではなく、床亜矢可さんが病気だったそうです!

病名は『バセドウ病』2012年の学生時代に診断されており、2014年開催のソチオリンピックまでに回復する為に手術されたそうです。

バセドウ病といえば、歌手の綾香さんもバセドウ病を公表されていましたね!

<バセドウ病とは>

甲状腺ホルモンを過剰に産出する病気(甲状腺機能亢進症)の代表的な病気です。

動悸、体重減少、指の震え、暑がり、汗かきなどの症状がおきます。その他、疲れやすい、年弁、下痢、筋力低下、精神的なイライラや落ち着きのなさが生じることもあります。

引用元:日本内分泌学会

 

中学3年生でU-18日本代表に選ばれたほどの実力者であったそうですが、高校1年生の時にバセドウ病を発症

投薬治療を行いながら競技生活を続けられたそうですが、思うようなプレーが出来なくなったそうです。

その為、決まっていたU-18日本代表も泣く泣く辞退することになったとのこと。

床さんはすごく辛い経験をされていますが、今後のソチオリンピックへの出場を目標に手術することを決断されたそうです。

病気になり、手術を受けることになったときは、家族の支えがあったからこそ乗り越えられたとも語られていました。

手術は無事成功し、それからは死にもの狂いで努力を重ね、2013年のソチ最終予選で念願のフル代表デビューを果たされています!

 

そして今回の北京オリンピック!姉妹での出場が話題となっていますね!

みんなで応援しましょう!!

まとめ

今回は「床亜矢可の弟は元アイスホッケー選手で顔画像も!父か母が病気なの?」と題しまして、北京オリンピック日本代表のアイスホッケー選手:床亜矢可さんについて調べていきました。

  • 弟は、現役アイスホッケーの選手。元アイスホッケー選手は床さんの父親であることが分かりました。
  • 両親が病気なのということですが、病気(バセドウ病)だったのは床亜矢可さんご自身で、現在は回復されアイスホッケー選手として頑張られています!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です