原大智の競輪獲得賞金は1000万超え?賞金額をモーグルと比較!

スポンサーリンク

こんにちは、misakiです

 

北京オリンピックの男子モーグルの原大智選手!メダル候補者として名前があがっていますね!

しかもこの方、競輪選手としても活躍されており、モーグルとの二刀流という事でも話題となっています。

そこで今回は「原大智の競輪獲得賞金は1000万超え?賞金額をモーグルと比較!」と題しまして、原大智選手の競輪の賞金についてや賞金額をモーグルと比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

原大智の競輪獲得賞金は1000万超え?

原大智さんの競輪獲得賞金が1000万超えなのかについて調べてみましたが、公表されていませんでした。

では、なぜ競輪獲得賞金の1000万という数字が出ていたのか気になります!競輪について調べてみました。

 

競輪選手は1開催に出走手当という手当が出るそうです。

これは成績に関わらず支給される手当のようで、1開催20万とのことでした。

出走手当で年に500~600万円が保証され、この出走手当に賞金を加算するといったかたちになるようです。

 

競輪の賞金は、競輪のレースによっても賞金額が異なるそうです!

レースのグレードにはG1・G2・G3があり、G2クラスのレースであれば優勝賞金は2000万円程とのこと

また競輪は他の賞金が獲得できるスポーツ等とは異なり、レースに出れば必ず最低限の賞金が獲得できるそうです。最下位でも十数万の賞金が出るそうですよ!

競輪で一番賞金額が高いレースが『KEIRINグランプリ』で優勝賞金は1億円!!

最下位の選手でも500万がでるそうです!

 

競輪選手もランクが分かれています。

原大智さんのランクは『A級2班ということですが、何ランク分かれているのでしょうか?

  • S級S班
  • S級1班
  • S級2班
  • A級1班
  • A級2班
  • A級3班

 

選手ランクはランク分かれていることが分かりました。

選手ランクの年収を見てみると、

  • 新人選手が多く所属すA級3班600~800万
  • 中級程のA級1班1000万
  • 上位の選手がいるS級S班では年収1億超えといわれています。

 

原大智さんは、2022年1月にA級2班昇格されています。

A級3班が600~800万程といわれており、出走手当で年に500~600万円が保証されているので、賞金と合わせると年収1000万程はもらっているのではないかと予想されます。

ということで、原大智さんの競輪での賞金獲得額は不明でしたが、賞金獲得額が1000万と言われている理由については、出走手当と賞金を合わせた額が約1000万円程と予想されたので、そのことからきているのではないかと思われます。

原大智の賞金額を競輪とモーグルで比較!

先ほどもお話したように競輪の賞金額は不明ですが、大体の年収が1000万とされています。

モーグルでは、世界選手権とオリンピック以外ではあまり活躍できなかったようですのでモーグルでの獲得賞金は少なかったのではないかと思われます。

モーグルの賞金は日本では1位で50万円程度

しかし、海外での賞金は4000万円程度!!こんなにも差があるのですね。

 

モーグルや競輪の獲得賞金についてハッキリした金額は分かっていませんが、原大智さんの活躍状況からみて競輪での賞金額の方が高いのではないかと思われます。

 

原大智はモーグルを引退

また皆さんもご存じかと思いますが、原大智さんはモーグルと競輪の二刀流ということで話題ですね

モーグルで2018年平昌オリンピックでは銅メダルを獲得されていますが、競輪への挑戦目指して、2019年春に競輪養成所の特別選抜試験に合格!

2020年5月にプロデビューを果たし、大レースを次々と制す名選手となっています!

モーグルから競輪に転身された原大智さんですが、競輪養成所の卒業の際に、モーグルとの二刀流について「北京オリンピックまではやる。それ(五輪代表)は手が届く目標だから」と話されていたそうです。

二刀流を両立させる原大智さんは「筋肉を付けすぎると(モーグルのエアで)飛んだ時に重くなるから、それがちょっと不安です。」と競輪選手を目指す中でモーグルも意識しながら訓練されていたことが分かります。

原さんを知る教官は「他の人からすると考えられない生活をしていました。自衛隊とか警察官じゃないですけど、時間を拘束された中で自由時間もない生活」と話されており、過酷な養成所生活をおくってこられたことがわかりますね。

そこから、競輪養成所卒業の時に言われていた北京オリンピック出場を有言実行されていてすごいですよね!

2大会連続でのメダル獲得をぜひ期待したいです!!

 

モーグルは今回の北京オリンピックが最後と公言されている原大智さん、今後は競輪に専念される予定。

今後はモーグルを意識した訓練はしなくて良いので、競輪だけに集中できますね。

原さんを知る教官も「1,2年後にはS級に上がれるかなと思っています」

と話されており、今後の活躍がかなり期待されていることが分かりますよね!!

原大智さんをモーグルで見ることはできなくなりますが、競輪での活躍も楽しみです!

まとめ

今回は「原大智の競輪獲得賞金は1000万超え?賞金額をモーグルと比較!」と題しまして、原大智選手の競輪の賞金についてや賞金額をモーグルを比較していきました。

  • 原大智さんの競輪獲得賞金ははっきりとは分かりませんでしたが、年収は1000万程かと予想します。
  • モーグルと競輪の賞金額を比較しましたが、モーグルや競輪の活躍状況からみても競輪の方が賞金獲得額が高いと思われます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です