ふたご座流星群2021福岡のピークは?見える時間や方角と場所!

スポンサーリンク

こんにちは、misakiです。

12月ですね!ふたご座流星群が観察できる季節がやってきました!

2021年12月13日(月)から15日(水)にかけてふたご座流星群がみられるとのことです

流星群といえば、一番見える時間帯や見える場所や方角など気になりますよね!

そこで今回は「ふたご座流星群2021福岡のピークは?見える時間や方角と場所!」と題しまして、福岡で『ふたご座流星群』が見れる場所や方角とピークの時間帯はいつになるのか?について調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

ふたご座流星群2021福岡のピークと時間帯!

見える時間帯とピークはいつ?

見える時間帯は?➡最も多く見える時間帯12月14日未明が最も多くみられる時間帯のようです!!

  • 12月14日未明(13日深夜すぎ)に月が沈んでから明け方にかけての時間帯(東京では2時から5時頃
  • 12月15日未明(14日深夜過ぎ)の月の入り前後(東京では2時~4時頃

と言われています!

<見やすい時間帯>

ふたご座流星群の見やすい時間帯は、午後9時頃からが好条件

深夜2時頃には、放射点がほぼ天井に位置する為、流れ星が真上から降ってくるように見られるそうですよ!

ふたご座流星群の極大時刻は12月14日の16時頃と予想されていますが、この時間帯は日本では観察ができない時間帯です

極大とは・・・流星群自体の活動が最も活発になること

しかし、ふたご座流星群の活発な時期は比較的長く続くそうなので2夜の渡り、普段よりも目立って多くの流星を見ることが出来ると予想されています。

ふたご座流星群の一般的な出現時期は12月4日(土)~12月17日(金)頃で、12月中旬に入ると数が増加!しかしピーク(極大)を過ぎると急に流星数が減ってくるそうです。

➡「極大」は12月14日(火)午後16時頃国立天文台より)

 

ふたご座流星群の放射点は、ほぼ一晩中夜空で見えているので、夕方から明け方まで流れ星を見るチャンスがあります。ただし、夕方の早い時間帯は放射点が低いので、午後9時頃からが好条件となります。深夜2時頃には、放射点がほぼ天井に位置する為、流れ星が真上から降ってくるように見られるそうです!国立天文台より)

ふたご座流星群2021福岡の見える方角と場所!

見える方角は?

見える方角は?流星は空全体に現れる。

なので、見る方向を気にする必要はないそうです。

できるだけ空が広く見渡せる場所を選ぶ事!空をより広く見渡すことで、より多くの流星群が見れる可能性が高くなる。

ただし、月の方向を正面にして観察するのは避けましょう!

 

見える場所はどこ?

 

見える場所は?➡おススメの場所をまとめてみました!

平尾台(北九州)


星の文化館天文台(八女市)

 


米ノ山展望台(篠栗町)


高良山公園(久留米市)

 

実際の画像は見当たりませんでしたが、高良山からも流星群は見ることが出来るようです!

油山片江展望台(福岡市城南区)

 


 

 

ふたご座流星群の観察方法!

せっかく、流星群を見に来たのに、「良く見えなかった」など残念な結果に終わるのは悲しいですよね。

そこで!流星群が多く見える為の観察方法を調べました!

流星群の観察方法!

 

1、活動が活発な流星群が極大の時刻前後

流星群の活動は徐々に活発になり、最も活発な時期「極大」を迎えて、その後沈静化していきます。

この「極大」の前にはスタンバイしておいた方が良いようです。

2、放射点が高い

放射点が低い(地平線に近い)と見ることの出来る範囲の大気に飛び込んでくるチリの数が少なくなる為、流星の数も少なくなる。

放射点が高い(頭の真上に近い)とチリの数が多くなる為、流星の数も多くなる。

3、月明かりが少ない

月が空に出ていない時の方が、より多くの流星を見ることが出来る。

明るい月があることで、月の明るさに隠れてしまい流星が見えなくなってしまいます。

4、人口の明かりが少なく、空が広く見渡せる場所

流星の光は人口の明かりに比べるととても弱い為、人口の明かりがあると、その明るさに邪魔をされてしまい、見ることの出来る流星の数が少なくなってしまいます。

また、出来るだけ空が広く見渡せる場所を選ぶことも重要

 

この条件が満たされていると、流星群を多くみることが期待できるそうですよ!!

しかし、この条件は晴れた夜に!この上記が満たされていると多くの流星群が見れるという条件・・・

なので、流星群が見れるかみれないかは天気にも影響される。ということは言うまでもないですよね。

 

流星群の観察に大切なこと

上記は流星群を多く見ることが出来る条件を紹介しました。

ここでは、流星群の観察時の注意点について紹介しますね!

1、最低でも15分は観察を!

明るい屋内から屋外に出てすぐには、目が暗さに慣れていません。

屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまで15分程しばらく待ってみましょう。

2、肉眼で観察!

望遠鏡や双眼鏡を使用すると、見ることの出来る範囲が狭くなる為、かえって観察しづらくなります。

3、長時間観察できるような準備を

●レジャーシート

立ったまま流星を観察すると、上を向いた姿勢が辛くなります。

なので、寝転がったまま観察出来るように、レジャーシートなどを用意しておきましょう。

●虫・寒さ対策

●星座早見表

流星観察の合間に星座早見表を見ながら星座や星を楽しむのも良いですね

 

では次に、当日の天気について調査しました!

ふたご座流星群2021福岡の天気は?

福岡の12月13日~15日の天気についてですが、現在発表されていませんので、最新の天気が発表され次第追記していきます!!

福岡の天気➡福岡の週間天気

 

天気が変わる可能性も考えられますので、流星群を見に行かれる際は、天気のチェックを忘れずにされてくださいね!

まとめ

今回は「ふたご座流星群2021福岡のピークは?見える時間や方角と場所!」と題しまして、福岡で『ふたご座流星群』が見れる場所や方角とピークの時間帯はいつになるのか?について調査してみました。

<まとめ>

見える場所平尾台(北九州)、星の文化会館(八女市)、米ノ山展望台(篠栗町)、高良山公園(久留米市)、油山片江展望台(福岡市城南区)

見える時間帯:最も多く見える時間帯12月14日未明が最も多くみられる時間帯のようです!!

  • 12月14日未明(13日深夜すぎ)に月が沈んでから明け方にかけての時間帯(東京では2時から5時頃
  • 12月15日未明(14日深夜過ぎ)の月の入り前後(東京では2時~4時頃

と言われています!

※今年の「極大」は12月14日16時頃(国立天文台より)

見える方角空全体に現れる

ふたご座流星群の活発な時期は比較的長く続くそうなので2夜の渡り、普段よりも目立って多くの流星を見ることが出来ると予想されています。

 

ぜひ、参考にされてみてくださいね!ふたご座流星群見れますように・・・。

 

最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です